« ブログツール「NHK時計」・・・時報は鳴らないんですか? | トップページ | 耳から血が・・・ »

2006年10月 9日 (月)

NHK流 新伝説

またまた、NHKでインチキ放送をしていた。

それは、10/8(日)総合テレビ19:30-20:00「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」でのこと。

その名の通り、
資料根拠を欠く、デタラメな新伝説をでっち上げていた。

今回の放送は、中国のトキにスポットを当てたものだが、
番組の最初のパートでは、「絶滅した日本のトキ」と題して、
日本にもかつて、トキが国内全域に棲息していたことが紹介されていた。

その時のナレーションが問題。

===番組ナレーションより引用===
松本和也アナウンサーのナレーション
~前略~
 100年ほど前、トキは、九州から北海道まで、日本(にっぽん)各地に住んでいたと言われています。
 
~中略~
 ところが、戦後、品質の高い米をより多く収穫する目的で、農薬が広く使われました。
 その結果、トキの食べ物となるどじょうや昆虫は、田んぼから姿を消していきました。
 さらに、巣をかける為の大木が、次々に伐採され、住処を失っていきます。
 そして、今から25年前の1981年、日本のトキは、野生の下では見られなくなってしまいました。
 
~後略~
=======引用終わり======

このナレーションでは、
トキが減少・絶滅に追いやられた主原因は、
あたかも、「農薬」であるかのような錯覚を与えている。
いや、視聴者にそう思わせようとする、悪意のある魂胆すら感じてしまう。

ナレーションによると、
農薬を使い始めたのは、戦後なんですよね?
ならば、NHKは、そのナレーションの中で、自ら矛盾したことを言っているのだが、
制作者は、自分の思惑を伝えることに夢中で、それに気付かないようだ。

(資料1)
佐渡トキ保護センターの「トキ保護の歴史」によると、
明治41年には「保護鳥にトキが加えられ」(←引用)
大正15年の記述には、「濫獲の為め其の跡を絶てりとされる」(←引用)とあり、
すでに、この頃には、絶滅したと見られていたのだ。

(資料2)
また、新潟県が公開している資料「トキの野生復帰への取組」(PDF)3ページには、
「明治時代に入り、狩猟による乱獲等によってその個体数が激減、
 大正時代には絶滅したとも言われた。」(←引用)
ともある。

(資料3)
新潟県トキ野生復帰推進本部 作成の「新潟県トキ野生復帰推進計画」(PDF)の冒頭には、
「明治時代に美しい羽を取るための狩猟による乱獲などにより絶滅したと思われていたトキが、
 大正時代の初め佐渡で確認されてから、地域住民の地道な保護活動が進められてきました。」(←引用)
ともある。

いずれも、戦前には既に絶滅危惧の状態にあって、戦後に農薬の使用があってもなくても、
野生での自然繁殖による個体数回復が、きわめて難しかった事を物語っている。

NHKナレーションが言うように、
「戦後、品質の高い米をより多く収穫する目的で、農薬が広く使われました。
 その結果、トキの食べ物となるどじょうや昆虫は、田んぼから姿を消していきました。」(←引用)

であるのなら、明らかに矛盾する事実ではないか!
「戦後に広く使われた農薬」が、どうして、戦前の個体数激減に影響できるというのだろう?

NHKがどうしても、農薬主原因説を主張したいのであれば、
「戦後、トキの食べ物が田んぼから無くなっていった事」が、
「戦前のトキ個体数減少」に、どう関与しているのかを、
きちんと説明して納得させておかないと、通らない話なのではないですかねぇ。

(確かに、農薬が本格的に使われるようになったのは、戦後らしい。
 http://www.jcpa.or.jp/qa/detail/01_05.htm
 http://www.jcpa.or.jp/qa/detail/01_06.htm

戦前のトキが、乱獲によって絶滅寸前まで減少していたのは明らか。
絶滅に瀕しているところに、戦後の農薬使用が拍車をかけたという視点で、
「すでに、乱獲によって個体数が激減していたところに、
 農薬や減反政策、開発などが追い討ちをかけた」
というような説明なら、まだ納得がいく。
しかし、番組中のナレーションでは、
乱獲の「ら」の字も、説明はなかった。

そのくらいの資料も検証も、充分持ち合わせているはずのHNKが、
意図的にそれらの説明をしないというのは、
「悪意を持って、農薬のせいにしたがっている」と、穿った見方をされても仕方あるまい。
少なくとも、私は、そう解釈する。

農薬使用是非の問題は問題として別のところで論じるべきを、
都合よく、トキの問題に絡ませて、“農薬使用の非”を主張しているようにも感じられてしまう。
NHKが何を主張しようと自由だが、
事実を捻じ曲げた上での持論の主張は、感心出来ない。

これでは、
「生きもの新伝説」ではなく、
「NHKの思惑でねじ曲げる新伝説」だ。

カラ出張が得意なNHKらしい情報改竄だ。(これは言いすぎだろうか)


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« ブログツール「NHK時計」・・・時報は鳴らないんですか? | トップページ | 耳から血が・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログツール「NHK時計」・・・時報は鳴らないんですか? | トップページ | 耳から血が・・・ »