« 「バック往来!」の真実 | トップページ | 流行語にも疎い有働アナ »

2006年10月24日 (火)

ゲストあしらいがぎこちない有働アナ

NHK「スタジオパークからこんにちは」出演中の、有働由美子アナウンサー。

ゲストあしらいが苦手なのか、
なんだか会話がぎこちない彼女だが、
今日の放送(10/24 13:05-13:59)で、ふと好感を覚えた。

放送のエンディング間近、
(ゲスト)西城秀樹さんへの(一般の方からの)お便り紹介にて、
(多分)そこに書かれていた通り、「~看護婦~~」と読んでいたことに、だ。

(看護婦⇒)看護師だの(保母⇒)保育士だのと、
やたらと、なんでも言い直しをする風潮にうんざりしているが、
決められた通りに言い直しをする奴らには、
(あえて)その言葉を使う者(使いたい者)への配慮も尊重の念もない。
※男女平等を言うなら、「~士」の「士」は「さむらい」とも読み、そもそも男子に対する美称なんだが・・・

そんな中、無用な言い直しをせず、
書かれた方の原文尊重の読みをした有働アナの姿勢は評価できる。

ま、エンディング間近だったので、
単に、時間が無くて余裕が無かっただけかもしれないが・・・

 

※P.S.
あぁ~~、すみません。
なんか、「西城秀樹」のキーワードでブログ検索すると、このページが、ヒットしてしまうんでしょうか?
おそらく、来られた方の殆どが、期待していた内容とは見込み違いのことと推察いたします。
何でも無雑作に拾ってしまう検索エンジンのお馬鹿の成せる結果ですね。
本来であれば無用な後付けでしょうが、あまりにも「西城秀樹」目当てでこのページに辿り着く方が多いので、一筆、書き足しました。(2006.10.25)


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« 「バック往来!」の真実 | トップページ | 流行語にも疎い有働アナ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「バック往来!」の真実 | トップページ | 流行語にも疎い有働アナ »