« 連日連夜ご苦労様です | トップページ | RSSフィールド? »

2006年11月15日 (水)

使えないサーチボックスに期待をかけさせるwebサイト

下のキャプチャ画は、xx銀行のwebサイトだ。

Xxbank_searchbox01_resized

用があって開いたところ、

ページ右上のサーチボックスが目に入った。

こういう位置にあれば、通常、

サイト内検索ができることを期待するだろう。

まぁ、中には、
「検索してみたらサイト内じゃなくて、web全体の検索結果が出た」などという、
紛らわしい設置をしているwebmasterもいるが、
最悪でも何らかの検索結果が得られることを期待させられるだろう。

そう思って、検索してみると・・・・・・

     ↓

Xxbank_searchbox02_resized

空しく、拒否られてしまった。

「Access Denied」っていうのは、

「検索しても何も出ないど」っていうダジャレだろうか?

それとも、「アクセスすんでねぇど」という、訛に掛けているのだろうか?

だとしたら、このサイトのwebmasterの感性に敬服する!

タイミング的な問題とか、キーワードがbad request とかっていう話じゃなくて、

どんな単語で検索してもこのエラーが出る。

訪問者の期待を裏切る、見事な仕打ちだ。

そういう憤りをもって、

webmaster宛に、問合せをしてみた。

 

数日後、回答を貰ったが、

その要旨は、

「ホームページの構成および検索機能等、全体的見直しを検討している」

「サーチ機能については指摘のとおりで、不便を掛けている」

とのことであった。

なるほど、言い分はわかった。

 

だが。

それは、指摘されるまでもなく、機能しないということが分っていたという事だよね!

そうであるならば、

「それをそのまま放置しておいた」という姿勢に疑問を感じないのだろうか?

何らかの事情で機能しないモジュールがあるのなら、

訪れた利用者に不要な期待や無用な誤解を与えて時間を無駄にさせない為に、

速やかに取り外しておくべきだし、

それが技術的に無理だと言うなら、

トップページの目に付く所に、

「一部動作しない機能がある」旨の告知(あるいは告知ページへのリンク)があって然るべきではないか?

それが、利用者のことを考えた対応だと思うのだが、

『ここは窓口じゃないから、そこまで愛想は振りまけない』ということなのか?

それとも、

「全体的見直しを検討している」最中だから、

『今現在、一部の動作しない機能をそのままにしておくのは、しょうがないんだよ』という、開き直りの言い分なのだろうか? 何のお知らせもないままに。

と、サイト管理者の怠慢を感じてしまう。

 

言っていることは簡単だ。

「使えない機能は仕舞って置け!」

ただそれだけのこと。

 

『サーチボックスなんか些細なことだ』とでも思っているのかもしれないが、

こうやって問題事を打っちゃっておく体質が、

いずれ、止めてはならないシステムを止めてしまう失態につながっているんだということに、

結び付けられない頭なんだろうなぁ、きっと。。。


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« 連日連夜ご苦労様です | トップページ | RSSフィールド? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連日連夜ご苦労様です | トップページ | RSSフィールド? »