« ちょっとだけ、嘘をついてました | トップページ | グレイはグレイでも »

2006年12月 1日 (金)

mvとrmを間違うのって、ありがちなことなんですか?

ITmedia エンタープライズ:削除したファイルをlsofで復元する より
 記事引用
 ==========
 「ええと、mvだっけ、rmじゃないのか?」……やっちまった。そのショックはよく分かる。誰にでもあり得る失敗だ。
 ==========

 

思った。

mv と rm って、そうそう間違うかぁ?

と。

 

たしかに、削除しようと思ったファイルを間違えて削除しちゃったりすることはある。

でも、それは、削除というアクションを意図していたことには変わりなく、

ターゲットを間違っただけで、コマンドを打ち間違えたわけではない。

 

自分の場合。

WindowsのDOSプロンプトで、

「dir」とするところを「ls」って打っちゃったり、

「copy」とするところを「cp」って打っちゃったりすることはよくある。

まして、メインに使っているマシンには、SFUなんぞがインストールされてるもんだから、

叱られもせず、平気な顔して処理してくれちゃったりするので、

なおさら、間違いに気付かない。

その勢いで、フツーのWindowsマシンでその癖を披露しちゃうと、

「そんなコマンド知らないの、ゴメンね」とたしなめられてしまう。

でも、mvしようと思って、rmしちゃった記憶は、今のところ・・・ない。

ディレクトリを丸ごと葬り去ったことはあるけど・・・

 

※DOSで、dirコマンドを打ったところ。

Doscommandex01(クリック拡大)

意識してSFUを使うのであれば、シェルを起動して操作するが、
Doscommandex03(クリック拡大)

フツーのDOS画面でも、同じように実行してくれちゃったりする。
Doscommandex02(クリック拡大)


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« ちょっとだけ、嘘をついてました | トップページ | グレイはグレイでも »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっとだけ、嘘をついてました | トップページ | グレイはグレイでも »