« mvとrmを間違うのって、ありがちなことなんですか? | トップページ | auと一緒にKDDIまとめて請求はいかがですか? »

2006年12月 1日 (金)

グレイはグレイでも

スパム対策の1つの手法として、

Greylisting(グレイリスティング、グレーリスティング)という方法がある。

※Greylistingがどういうものかということはここでは述べないので、
 不幸にも、Google紹介所等の紹介で訪れてしまった方は、
 この辺をご覧下さい。⇒(PDF文書)メールゲートウェイにおける spam 対策について「2.4.Greylisting」(大分大学総合情報処理センター 吉田 和幸氏/著)

※「GLAY」の検索で紹介状を持たされちゃった人。
 ゴメンナサイ、お役に立ちそうもありません。

 

この「Greylisting」、

最近まで、私は、「Graylisting」と書いていた。

でも、Google先生にお伺いを立ててみると、

もしかして、こっちじゃないの?

と、指導を受けてしまった。

たしかに、

Graylisting > 約  27,000 件

Greylisting > 約 770,000 件 (2006.12.01 14:00現在)

圧倒的だ。

どうやら、米つづりではなく、英つづりにするのが正統らしい。

スペルが違うだけでなく、意味も違うんだろうか?

 

ところで、

「グレイ」といえば、「GLAY」というバンドグループがあるが、

以前、

「グレイはグレイでも、灰色のスペルは"G・R・A・Y"だけど、
 (バンドグループの方は)"G・L・A・Y"って書くんだよね」

というしゃべりを、営業トークにしていた人がいた。

そういうふうに話すと、

「あぁ、そう言われれば」
「へぇ! そうなんだ」

とかってことで、GLAY好きな相手なら、距離を縮められるらしい。

でも、

どうしてGLAYのスペルが“L”なのか? ということは分らないらしく、

そこを突っ込まれる前に、自分から、

「なんで“L”なんだか分らないんだけどね・・・」

と、落としてしまうらしい。

 

ふと、そんなことを思い出していた。

GLAYの由来は、Wikipediaの記事によると、
==========
造語。音楽ジャンルが黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもないという意味である。The Beatlesがバンド名を造語にしたことに因み、TAKUROがGRAY(英語。"灰色"の意)の"R"を"L"とした。また函館の冬空の色(灰色)にもかけている。
==========

と書かれている。

どうせ営業トークにするなら、この辺の知識も入れて置いて欲しかったものだ。

と思った。


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« mvとrmを間違うのって、ありがちなことなんですか? | トップページ | auと一緒にKDDIまとめて請求はいかがですか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« mvとrmを間違うのって、ありがちなことなんですか? | トップページ | auと一緒にKDDIまとめて請求はいかがですか? »