« 佐藤さん、結局、小豆は人気者になれたんですか? | トップページ | 「加藤いづみ」だった »

2007年3月 9日 (金)

橋田壽賀子が、民法772条を「変な法律」と喝破していた

昨日放送の「渡る世間は鬼ばかり」で、

 四女:葉子「まさかそんなおかしな法律があるなんて~」

 次女:五月「変な法律があるばっかりに~」

 葉子の元夫「時代遅れのおかしな法律のおかげで、やっと君たちに会えたんだからさ~」

など、民法772条を真っ向から否定する台詞回しを展開していた。

ドラマの中の台詞の話ではあるが、

橋田壽賀子の、思いであることは間違いないだろう。(勝手な決め付けだけど)

私は別におかしな法律だとは思っていない。

ねぇ、橋田さん、

民法772条を語る前に、民法733条を忘れちゃいませんか?

古い道徳観を持ち合わせた、橋田さんらしくない脚本ですね。

離婚後6月経過後に再婚した相手の子が、

前夫との離婚後300日以内に生まれることってあるんですか?

あったとしたら、

フツー、それは、流産って呼ぶんじゃありませんか?

民法733条の再婚禁止期間の規定を守ってれば、

何の問題もない条文でしょ。

ちゃうの? 橋田先生。

 

改正をしろって求めてる連中は、

自分たちの不道徳・不倫理を認めろってほざいてるんでしょ?

己の倫理観欠如を棚に上げて、

こんなところにまで、女性差別だのなんだのと、

無茶な理論を展開して、法律叩きをするのもどうかと思うよ。

もっともらしく、「子供のため」を盾にするなら、

法律の条文をどうこう言う前に、てめぇらの倫理観を見直せっつうの!

 

それでも、どうしても、自分たちの不道徳を通したいというなら、

条文を削除したり、日数を減らすのではなく、

それ相応の科学的根拠に基づく証明で覆せる、

例外条項を付け加えれば済むことでしょ。

なんなら、

すべての親子関係を、推定ではなく、

医学的に立証する証明とともに受理するという条文に変えちゃえば?

そうされて困る人が、

不道徳を押し通したいあなた方の中にいないのならばね。


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« 佐藤さん、結局、小豆は人気者になれたんですか? | トップページ | 「加藤いづみ」だった »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐藤さん、結局、小豆は人気者になれたんですか? | トップページ | 「加藤いづみ」だった »