« 新垣結衣は鮎が嫌い!? | トップページ | @searchは、あまり精度良くねぇな・・・ »

2007年4月16日 (月)

当ブログには、スパムメールをやり返す方法は書かれていません(笑) その2

『たまに、

「スパムメールにやり返す」という趣旨の検索ワードで辿ってくる人がいる』

ということを、

前に書いたが、

どーしても、奴らに一杯食わせたかったら、

(いや、一矢報いるという表現の方が妥当かな・・・)

自前でメールサーバを立ててください。

で、

「ターピッティング」という罠を仕掛けて、

奴らの仕事効率にダメージを与えることによって、

「してやったり!」と、満悦感に浸ってください。

Open Tech Press | OpenBSDとspamdでスパムを減らす: より引用
==========
 spamdは、「ターピッティング」(tarpitting)、つまりスパマーの時間を浪費させるためにその通信を遅延させることで、既知のスパマーに対処することもできる。既知のスパマーが送信を試みると、spamdがTCPウィンドウのサイズを1に縮小して1秒あたりの通信を1バイトに制限し、接続を妨げるというものだ。ターピッティングにかかった場合、スパマーのMTAはメッセージ1つの送信に10分もかかることがある。通常、私が見かけるのは、スパマーの送信に400~550秒(6分半~9分強)かけさせるというものだ。

 spamdが(スパマーにとって)さらに厄介なのは、それだけの時間を浪費しても、決してスパムを本来のSMTPサーバに通そうとはしないことだ。それどころか、spamdからはエラーコード450の「メールボックスが一杯です」というメッセージが返ってくる。スパマーは、何度再送を試みても、毎回ターピッティングにはまり込むことになる。以前、1日半にわたって再送を続け、その度に私の仕掛けたターピッティングにかかっていたスパマーがいたが、そのスパムメッセージが私のもとに届くことは一度もなかった。
==========

ざまぁみろ、です。

「時は金なり」を実践しているスパマー連中にとっては、

ささやかながらも、痛手となるはず。

GreyListingには、問題点もあるので、

企業で導入するには、

慎重な検討や、他の方法と併用する必要もあるでしょうが、

個人でやる分には、ま、いいんじゃない?

っつうことで、

やり返したかったら、ドメイン取って、

トラップページ作って、

ロボットにトラップアドレスたんまりと喰わせて、

迎え撃ってあげましょう。


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« 新垣結衣は鮎が嫌い!? | トップページ | @searchは、あまり精度良くねぇな・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新垣結衣は鮎が嫌い!? | トップページ | @searchは、あまり精度良くねぇな・・・ »