« 玄関先の必需品(対:訪問セールス) | トップページ | あなたの日本語が実用に堪えません »

2007年8月 4日 (土)

この脚本家の使っているパソコンが心配だ

「さくら署の女たち」というドラマの第4回を見ていて、

思った。

ストーリーは、

東京地検の裁判記録がネットに流出したことを発端とし、

殺人事件にまで発展するという、

なんともまぁ、

お粗末な内容だったが、

それよりもお粗末なのは、

脚本家の、セキュリティに対する知識のなさ、

だ。

当初、

流出の原因はファイル共有ソフトじゃないかということで捜査が進み、

結局、

犯人が、使っていたPCのウイルス対策ソフトの更新を疎かにしていた為、

最新のウイルスに感染して流失したというオチだった。

あのさ・・・

詳細書くのめんどいから割愛するけど、

(つまり、番組見てないと、何を根拠に語ってるのか分からないだろうけど)

すこぶるずさんな知識を基にした脚本だと思った。

セキュリティに関する部分のセリフもかなり稚拙で、

鑑識官(役)の“はしの”のセリフも、

まるで素人感覚!

あれでは、“はしの”がかわいそうだ。

一点だけ言わせて貰えば、

この似非脚本家は、

「ウイルスパターン(定義ファイル)の自動更新」という言葉を知らないらしい。

あるいは、認識が欠けているらしい。

(フィクションとはいえ、)

東京地検のPCが、

全台、“手動で更新しなければならないような設定になっている”という根拠を説明してみろ、この似非脚本家!

東京地検に取材でもしたのか?

よくも、

こんな知識のなさで、

セキュリティを題材にした本が書けたもんだ、

と、

ある意味感心した。

誰が脚本担当したのか、

クレジット見逃したけど、

よくもこんな恥ずかしい作品を世に送り出せたものだ。

思うに、

こんな知識のない脚本家の使っているパソコンの方が、

心配だ。

それとも、

テレビ朝日のセキュリティレベルがこんなもんなのだろうか?

こんなレベルでOK出した担当プロデューサのPCも、

同様に、

心配だ。

それとも、

それとも、

ドラマストーリーの意に反して、こいつらも、手書き人種なのか?


■検索サイトから、探し物で来られた方へ
Q. この記事中に、探し物は見つかりましたか?

◎ まさにこの情報が欲しかった! 検索サイトに感謝!
○ お目当ての内容じゃなかったけど、少しは参考になった
△ 期待外れだったけど、面白かったから許してやる
× 検索エンジンのバカぁ! 時間を無駄にしたよ
`з´ こんな役立たずな記事アップするな!


|

« 玄関先の必需品(対:訪問セールス) | トップページ | あなたの日本語が実用に堪えません »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本職の検察官もかなり知識に乏しいので大変だそうですが。

投稿: DeForest | 2007年8月 8日 (水) 20時42分

そ、ですね。

NDAがあるので詳しく書か(け)なかったけど、・・・

ちなみに、
聞いた話だけど、
こーゆー所の作業に行くと、
ここぞとばかりに質問攻めに遭って・・・作業が死ぬことがある(みたいです)。
(飽くまでもこういう類の所という話)

あと。
○○官さま・・・ & IT担当者さま・・・
“勝手によけていいよ”って仰ったその資料、
作業員の目に触れてもいいものなのでしょうか?
見る気はなくても、何気なく目に入ってくるその中身、
なんか、やばそうなんですけど・・・
んでもって、
作業員を一人だけ残してお部屋を空っぽにしてしまう無防備さ。
ってなシチュエーションもある(みたいです)。
そんなセキュリティ意識、大丈夫ですか?

作業員の良識にも個々人の限界があります。
見せる必要もない不用意な情報開示や、据え膳のご提示は、良識のキャパシティをオーバーフローさせかねません。
と思うんだけど・・・

投稿: 庵主 | 2007年8月 8日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98752/16007359

この記事へのトラックバック一覧です: この脚本家の使っているパソコンが心配だ:

« 玄関先の必需品(対:訪問セールス) | トップページ | あなたの日本語が実用に堪えません »